miband5

DOOGEE S60 IP68の防水防塵でドコモのプラチナバンドに対応の5.2インチタフネススマホ!

DOOGEE S60 スペック詳細参考画像

IP68の防水防塵5.2インチスマホ「DOOGEE S60」の紹介です。



DOOGEE S60 スペック詳細

DOOGEE S60 スペック詳細参考画像

OS Android 7.0
SoC Helio P25
Core Octa-Core 2.5GHz
GPU Mali T880
メモリ 6GB LPDDR4x
ストレージ 64GB
外部ストレージ 最大128GB
ディスプレイサイズ 5.2 インチ
解像度 1920*1080 HD
ピクセル密度 424ppi
ディスプレイタイプ IPS
テクノロジー Multi-touch
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth BT4.0
背面カメラ 2100万画素、Sony IMX 230センサー、F2.0
PDAF、OIS、Dual color LED flash
前面カメラ 800万画素、F2.2、広角87°、Auto beauty mode
生体認証 背面指紋認証、0.19秒、360度認証可能
特徴 NFC、OTA、 OTG、GLONASS、Gravity Sensor、
Baroceptor、GyroscopeP-Sensor、G-Sensor、
Ambient light senor、Geomagnetism、Compass
バッテリー 5580mAh
サイズ 164*81*15.5 mm(L×W×H)
重量 202g
DOOGEE S60 対応周波数BAND
2G GSM 850/900/1800/1900MHz
3G WCDMA B1/2/5/8
4G FDD-LTE Band B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
AU・DOCOMO・Softbank・楽天モバイル対応周波数(緑はプラチナバンド)
docomo LTE:B1/B3/B21/B19/B28/B42
3G:B1/B9/B6(B19を内包)
5G:n77/n78/n79/n257
AU LTE:B1/B11/B18/B26/B28/B41/B42
3G:B1/B18, BC0(CDMA2000)
5G:n77/n78/n257
Softbank LTE:B1/B3/B8/B11/B28/B41/B42
3G:B1/B8/B11
5G:n77/n257
楽天モバイル LTE:B3
5G:n77/n257
AUローミング:B18(B26)

表の内容が理解できない方は「キャリア別対応周波数の説明」を読んでみてくださいね。

DOOGEE S60の対応周波数BANDから判断すると・・

DOCOMOは、FOMAプラスエリアは対応無しですが、プラチナバンドを受信しますので屋内にも強いです。更にエリア対策BANDのB1で幅広く対応できるので、結構快適に使えるのではないでしょうか。
Softbankも、対応する周波数が多く、わりと快適に使えると思います。相性はよさそうです。
AUは、LTEがB1のみ対応ですが、エリアが極小になるため、ほぼ使えないと思って良さそうです。CDMA2000の対応がないので、通話はできません。

同時待ち受けに関しては分かりませんが、SIMサイズは2枚ともMicroサイズのようです。

DOOGEE S60 スペック詳細参考画像

DOOGEE S60のすごいところは、防水防塵性能がIP68という事。
見た目はかなりごつくなりますが、その分落下の故障にも強そうだし(あくまで予想ですが)、水中で使えるレベルの防水性能がすごいです。

DOOGEE S60 スペック詳細参考画像

完全に海の中の映像になっていますし、海の中で2100万画素のカメラでとてもきれいな写真を撮る事ができますと書いてありますが、ここまでやって壊れないかどうかは分かりません。

ですが、2100万画素の背面カメラのイメージセンサーは、 Sony IMX 230を採用しており、期待が持てそうです。前面のカメラも800万画素で、87度撮影できる広角レンズを採用しています。

更に動画は1080pのフルHDの撮影ができますので、カメラ面では満足のできるスマホだと思います。

DOOGEE S60 スペック詳細参考画像

またワイヤレス充電にも対応しており、防水性能を落としてしまうシリコンカバーの開閉を最小限に抑えられるのもいいところ。

DOOGEE S60 スペック詳細参考画像

またGPSなどにもこだわったモデルになっていて、アウトドア派には嬉しい機能てんこもりです。

SoCは、Helio P25で、ミドルレンジクラスのCPU性能になります。Helio P25は、Antutuスコアは6万点程度とのテスト結果がネット上に出ています。

この程度の性能があれば、重たいゲームは無理にしても、ひっかかりは感じずに快適にウェブブラウジングなどできるのではないかと思います。

DOOGEE S60 スペック詳細参考画像

水にぬれた手で触る人や、外仕事で雨にぬれたりしちゃう人などには、嬉しい防水防塵性能を搭載してこのスペック。
価格は$300程度とそこそこしますが、その分タフネススマホにありがちなロースペックではなくミドルレンジになっているので、満足度は高いと思います。
Ulefone Armor 2といい勝負なのですが、カメラ性能はDOOGEE S60の方が上で、ワンランク上のスマホに仕上がっていると思います。

DOOGEE S60 日本からの購入最安値

DOOGEE S60 日本からの購入最安値

商品リンク 価格 最新クーポンリンク
GearBest:DOOGEE S60 $299.99 GearBestクーポン
Banggood:DOOGEE S60 クーポン:DOOGEES60
で$269.99
Banggoodクーポン
GeekBuying:DOOGEE S60 GeekBuyingクーポン
TOMTOP:DOOGEE S60 $299.99 TOMTOPクーポン

※価格は記事執筆時点の為、各自ご確認ください。

※Gearbest初回購入の方は、こちらからご登録頂くと⇒「GearBestの特別割引50pt」がもらえるようです。
もしメール登録の画面がポップアップで出てこない場合は、一度キャッシュをクリアして、リンクをクリックしてみてください

ご購入の前にGearBestクーポンページをチェックすると、格安購入できるクーポンがあるかもです!
⇒「GearBest クーポン

クリックでジャンプ⇒DOOGEES60の購入へ戻る

よく読まれている記事

コメントをする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください