MAZE Alpha 実機レビュー

ベゼルレスな6.0インチスマホ「MAZE Alpha」の実機レビューです。

若干丸みを帯びた2.5Dの湾曲ガラスは、Xiaomi mi mixを思い出させる感じです。

MAZE Alphaのすごいところは、83%という画面占有率もですが、リアカメラが1300万画素+500万画素のデュアルカメラだというところ。写真はかなり綺麗です!

MAZE Alpha 実機レビュー

MAZE Alphaスペック詳細&同時待ち受け対応BANDについて

OS Android 7.0(Nougat)
SoC MediaTek Helio P25(MTK6757)
GPU Mali T880
Cores Octa-Core、4×2.5GHz ARM Cortex-A53 + 4×1.4GHz ARM Cortex-A53
メモリ 4GB / 6GB LPDDR4x
ストレージ 64GB
外部ストレージ MicroSD最大256GB
ディスプレイ 6.0インチ、2.5D曲線ガラス、16:9アスペクト比、83%スクリーン対ボディ比
解像度 1080PフルHD(1920 * 1080ピクセル)、376 PPI
カメラ 背面1300万画素+500万画素、S5K3L8センサー、F2.2
前面800万画素、顔検出、84°広角、F2.2
動画解像度:1080P(60FPS)
言語 日本語への対応あり
Google Play Store 対応あり
WIFI 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.1
生体認証 背面指紋センサー
インターフェース 2 x Nano SIM Slot,Micophone,USB TYPE-C,
Speaker,TF/Micro SD Card Slot(排他仕様)
センサー 指紋センサー、ホールセンサー、重力センサー、ジャイロスコープ、近接センサー、
周囲光センサー、加速度センサー、エレクトロニカコンパス、ホットキー
バッテリー 4000mAh
サイズ 15.98 x 8.25 x 0.81 cm 、225g
ネットワーク 2G:GSM 850/900/1800/1900MHz
3G:WCDMA 900/2100MHz
4G:FDD-LTE:800/900/1800/2100 / 2600MHz(帯域1/3/7/8/20)
AU・DOCOMO・Softbank対応周波数
キャリア docomo au softbank
LTE band 1 (2100MHz)
band 3 (1800MHz)
band 21 (1500MHz)
band 19 (800MHz)
band 28 (700MHz)
band 1 (2100MHz)
band 11 (1500MHz)
band 18 (800MHz)
band 26 (850MHz)
band 28 (700MHz)
band 41 (wimax2+)
band 41 (2600MHz)
band 1 (2100MHz)
band 3 (1800MHz)
band 8 (900MHz)
3G (W-CDMA/UMTS)
band 1 (2100MHz)
band 9 (1700MHz)
band 6,19 (800MHz)
(CDMA2000 BC0系)
BC0
BC6
(W-CDMA/UMTS)
band 1 (2100MHz)
band 11 (1500MHz)
band 8 (900MHz)

それぞれのキャリアのプラチナバンドなどの説明は「キャリア別対応周波数の説明」を読んでください。

※当ブログは電波の受信状況や使用可否を説明していますが、電波法違反を助長する意図はありません。

DOCOMOはBand1で幅広くカバーできますが、プラチナバンドは対応無しです。3GのBAND6への対応もありませんが、街中で使う分には、問題なく使えるはずです。

Softbank系はLTEも3Gもそこそこ一致しており、快適に使えるのではないかと思います。

AUに関しては、LTEの方はBAND1のみになるので通信はほぼ使えないと思って良さそうです。CDMA2000通話への対応はありません。

実機で検証した結果、DOCOMO系格安SIMでLTE+WCDMAの同時待ち受けできました。
SIMトレイ2が排他仕様になっており、Micro SDを利用したい場合は、デュアルSIMにできません。

MAZE Alpha 対応周波数についての説明参考画像

DOCOMO+DOCOMOで同時待ち受けしたい場合は、同時待ち受けタグがついた記事を。
⇒「DSDS・同時待ち受け可能なスマホ

AUのCDMA対応のスマホは、CDMA2000対応スマホタグの記事を。
⇒「AU CDMA2000対応 SIMフリースマホ

MAZE Alpha 外観写真紹介

MAZE Alpha 実機レビュー 付属品の説明参考画像

開封したところの写真ですが、こちら中国仕様のアダプターになっている為、Amazonで購入の場合は、日本用のUSBアダプターが付きます。

MAZE Alpha 実機レビュー

こちらがその付属のUSBアダプターですが、100V-240Vとなっているので、コンセントの差し込み口さえあえば、世界中で使う事ができます。

MAZE Alpha 実機レビュー

実はピンが刺さっている黒い小箱の中に、保護ガラスが同梱されていました。ぴったりサイズのガラスがセットなんてありがたいですね。

MAZE Alpha 実機レビュー

外観写真ですが、左側面にはSIMトレイがあります。

MAZE Alpha 実機レビュー

上には、3.5mmオーディオジャックがあります。

MAZE Alpha 実機レビュー

右横は、音量ボタンと電源ボタン。スクリーンショットを撮りたい場合は、音量の「-」ボタンと電源ボタンで撮影できますが、設定で「3本指で上からスライドさせると撮れる設定もあります。

充電はTYPE-Cです。デュアルスピーカーが下部にあるのですが、音質は一般的な音質で普通でした。

MAZE Alpha カメラ性能について

MAZE Alpha 実機レビュー フロントカメラの説明

フロントカメラは、指紋センサーの右となりにあります。この写真で言ったら、指紋センサーの上になります。
内側カメラは500万画素とそこまで画質はよくはありませんが、ビューティーモードを搭載し、肌を滑らかに撮ってくれたり、モノクロ撮影モードなどを搭載しています。
中華機にしては珍しく、シャッター音を消す設定がありませんでした。

MAZE Alpha 実機レビュー

つるんとしたガラス風の背面には、デュアルカメラを搭載です。
カメラのセンサーはサムスンのS5K3L8センサーになりますが、夜間に室内の蛍光灯で試し撮りしたけど、Oneplus 5に負けないレベルの美しい写真が撮れました。

MAZE Alphaで撮影MAZE Alpha 写真のクオリティー参考サンプル

OnePlus 5で撮影MAZE Alpha 写真のクオリティー参考サンプル

2枚を見比べて分かるように、MAZE Alphaのカメラクオリティーはハイエンド機に負けないスペックです。

デュアルカメラは背景をそこそこぼかしてくれて、被写界深度のある写真を撮影することができます。プロ―モードでは、明るさと、天候と、ISO感度が選べ、こちらはISOオート・明るさオート・天候を電球で撮りました。

更に、光学2倍ズームもついていて、夜間手持ちでズームすると画質が少し荒くなりましたが、いざという時に使える心強いズーム機能です。

MAZE Alphaで撮影 1倍
MAZE Alpha 写真のクオリティー参考サンプル

MAZE Alphaで撮影 2倍光学ズームMAZE Alpha 写真のクオリティー参考サンプル

光学ズームにしてもぬいぐるみの毛並みはしっかり綺麗に写っています。
ズーム状態でも背景の電気のスイッチあたりは少しぼかしがきいていて、被写体深度のある写真が撮れていますね。

MAZE Alphaは日本語に対応でradikoも使える

MAZE Alphaは日本語に対応MAZE Alphaは日本語に対応

MAZE Alphaは日本語に対応で、電源を入れたらすぐに言語選択画面が出てきて、日本語に設定することができます。
その後の設定は全て日本語で行え、楽勝です。

MAZE Alphaはraziko使えます

たまにXiaomiなどの中華機である、radikoが使えないという問題。
MAZE Alphaは問題なくradikoを使用することができました。標準でもFMラジオが付いていましたが、Radikoアプリ使えるのはありがたい。

MAZE Alpha プリインストールアプリについてMAZE Alpha プリインストールアプリについて

MAZE Alphaのプリインストールアプリは、これだけです。
Google Play Storeも初期からプリインストールされており、Google関連のアプリもプリインストールされていますが、訳の分からない中華アプリが入っていないのが良いですね。

MAZE Alpha はOTAに対応MAZE AlphaはOTAに対応

MAZE AlphaはOTAに対応があるようで、電源を入れてwifi繋いだらすぐにワイヤレスアップデートが自動で始まりました。
OTAでシステムバグがどんどん修正されていくのはありがたい。

MAZE Alphaは日本語対応だけど、設定の一部は英語

MAZE Alphaは日本語対応だけど、設定の一部は英語のままで、Androidに慣れていない人は少し分かりづらい箇所があるかもしれないです。
とは言え、ほぼ日本語ですし、そんなに難しい単語ではありません。ほんの少し設定の中には英語のままの言語が見られますが、とりあえず触ってみる感覚で問題なく使えるはずではあります。

MAZE Alpha はAndroid7なので画面の分割ができるMAZE Alpha はAndroid7なので画面の分割ができる

MAZE AlphaはAndroid7で、画面の分割に対応があります。
これだけのディスプレイサイズがあれば、分割しても余裕で使えるので、分割設定はありがたい。


MAZE Alpha はAndroid7の表示についてMAZE Alpha はAndroid7の表示について

MAZE Alpha はAndroid7の表示については、フォントサイズを選ぶことができますが、Googleでの表示は変わっていませんでした。
右の写真のようにタスクを表示したり消したりできるのですが、左端にタッチボタンがついているので割と使いやすい。タスクらへんを上にさっとスライドしたら、割と確実にこのタスクがでてきます。
慣れるまでは、このひと手間が面倒くさいと思ったけど、慣れてしまえば大丈夫。

MAZE Alpha 実機レビュー 解像度の説明参考画像

解像度についての説明をしたかったのですが、写真に撮ると光の加減などで微妙になるので、YOUTUBE再生画面をスクリーンショットしてきました。まさにこのように見えます。とてもきれいです。

MAZE Alpha のベンチマークについて

MAZE Alpha のベンチマークについて

MAZE Alphaのベンチマークは64115点という結果で、ミドルレンジらしい性能でした。
今回レビューしているのは4GBバージョンなので、6GBバージョンはもうちょっとスコア高めにでるのではないかと思いますが、MediaTek Helio P25(MTK6757)の性能らしいスコア結果で、無駄なくサクサク動いているのが分かります。

MAZE Alpha のベンチマークについてMAZE Alpha のベンチマークについてMAZE Alpha のベンチマークについてMAZE Alpha のベンチマークについてMAZE Alpha のベンチマークについてMAZE Alpha のベンチマークについて

▼中華スマホ Antutuスコア参考表

デバイス スコア
MAZE Alpha: MediaTek Helio P25(MTK6757) 64115
ASUS ZENFONE 3 ZOOM ZE553KL: Qualcomm MSM8953 Snapdragon 625 64174
OnePlus 5: Qualcomm MSM8998 Snapdragon 835 183290
ZTE AXON 7: Qualcomm Snapdragon 820 143125
Cube WP10: Qualcomm MSM8909 29377
honor 8: HiSilicon Kirin 950: 96152
yotaphone2 YD206: Qualcomm Snapdragon 801 39096
Xiaomi Mi Note 2: Qualcomm Snapdragon 821 156596
Xiaomi Mi MIX: Qualcomm Snapdragon 821 160884
Xiaomi Mi5S PLUS: Qualcomm Snapdragon 821 149531
Xiaomi Redmi Note 4: Helio X20 82660
Zenfone 3 ZE552KL: Qualcomm Snapdragon625 62569
UMI MAX: Helio P1 44529
Xiaomi Redmi Pro: Helio X25 89955
ZUK Z2 PRO: Qualcomm Snapdragon 820 135109
Zenfone Zoom ZX551ML: Intel Atom Z3580 57186
OnePlus 3T: Qualcomm MSM8996 Snapdragon 821 166094
Ulefone ARMOR: MTK6753 37112
Xiaomi Redmi Note 4X: Qualcomm Snapdragon 625 62500
Xiaomi Mi 6: Qualcomm Snapdragon 835 173237
Xiaomi Mi Max2: Qualcomm Snapdragon 625 63792
Lenovo Moto Z Play: Qualcomm Snapdragon 625 63049

※リンククリックで紹介記事へジャンプします


MAZE Alpha 日本からの購入最安値

今回Amazonのショップさんから11/15迄使える、10%割引クーポンを貰っていますので、中国から取り寄せるのがハードル高い方も気軽にAmazonでご購入いただけます。

クーポン:「UOLWMQ79
Amazonショップリンク:MAZE Alpha

 スポンサードリンク

MAZE Alpha 商品リンク 最新クーポンリンク
GearBestで購入する GearBestクーポン
Banggoodで購入する Banggoodクーポン
GeekBuyingで購入する GeekBuyingクーポン
TOMTOPで購入する TOMTOPクーポン