ガジェットフリーク

wimax2+最安比較や、ガジェット、主に中華タブや携帯などを紹介します

Ulefone

Ulefone ARMOR のROM焼き & mediatek機のunbrick方法

親切な読者様よりMT機のFlash方法を教えて頂きましたので、トライしてみました。このFlash方法だと文鎮も治せます。

今回紹介するのは、Ulefone ARMORのROM焼き方法になりますが、Xiaomi proなどのMT機なども、基本的にはSPflashを使ってやるので、MT機のROM焼きはだいたいこれを代用できます。

あ、以前Ulefone ARMOR の実機レビューでAUのCDMA掴まないって書いたと思いますが、掴みます!掴みました!コツがいるので、実機レビューの記事で説明しています。

クアルコム機はxiaomi deep flash cableさえあれば、EDLモードのCOM9008に入れて文鎮になった物でもなんとかなりますが、MT機では、SPflashで焼けばEDLのような感じで文鎮になったMT機が復活させられるようです。ブートローダーをアンロックしてなくてもできるROM焼きの方法なので、Xiaomiに申請だしてやるの面倒って場合はこの方法も使えます。

Xiaomi機のMT機のROM焼きをしたい、または文鎮を治したい人は、「http://xiaomitips.com/guide/how-to-flash-miui-8-fastboot-rom-on-redmi-pro-via-sp-flash-tool/」のリンクを見てみてください。英語だけどやり方載ってます。

ただし、SPflashでROM焼きをする場合、IMEIが消えてしまうこともありますので、もしもの際の為に、事前にIMEIとシリアルナンバーぐらいはバックアップを取っておきましょう。箱にも記載があったりするようなので、手元にIMEIの控えがあるかを確認してください。

下記の方法で、私もSIM1のIMEIが消失しましたが、どういう動きをするか試したくてSIMを入れて通信確認したら普通に通信できて、ん?と思ったらIMEIが戻っていました。IMEIを戻そうとして変なツールなどを使うとドツボにはまることがあるようなので、とりあえずはSIMを入れて通信確認したり、SIM入れて再起動したりしてみてください

ARMORはCDMAを認識させるためにSIMを入れた後エンジニアモードでゴニョゴニョした後再起動する必要があったので、再起動したら普通につながってて、確認したらIMEIが戻っていました。IMEIが消えたまま戻らない!って人は、IMEIの復活方法を読んでみてください。復活法書きました。

Ulefone ARMORのROM焼き方法

  1. SPflashをダウンロードして解凍

    ダウンロード先:SPflash

  2. ROMをダウンロードして解凍

    https://www.needrom.com/category/ulefone/
    ログインする必要があるので、registerから登録を済ませてください。メールにログイン用のパスワードが送られてきます。

    ・Ulefone Armor 20161209 Rom 1 (66 dls)
    ・Ulefone Armor 20161214 Rom 2 (43 dls)

    の2つのROMがありますが、2の方は磁力計とジャイロと加速度センサーなどが作動しないとあるので、ROM1にしていた方がいいです。公式のwifiアップデートでもROM2は落ちてきませんので。

  3. ドライバーをダウンロード

    ドライバーインストール先:https://gsmusbdriver.com/driver/8617/
    ドライバーのインストール方法:https://youtu.be/73NqILyA2fM

    ※ドライバーを適用する前に、Shift押しながらPCを再起動して、署名の強制を無効にしてください。じゃないとドライバーがあてられません。

    最後にこのような警告が出るけど、OKでインストールします。警告が出ない場合は、ドライバーの署名の強制が原因でドライバーがインストールできていません。

    完了画面に失敗したかもしれません的なアナウンス出るけど、ポートのところを確認して、こうなってれば大丈夫です。

  4. SPflashを起動

    Ulefone ARMOR のROM焼き SPflashを起動

    管理者として実行にした方が良いらしいけど、私は気づかずダブルクリックで起動しても成功しました

  5. SPflashで焼く

    Ulefone ARMOR のROM焼き & mediatek機のunbrick方法

    今はまだ携帯は電源を切った状態で、PCの隣に置いているだけで、PCに繋いでいません。PCにはMicroUSBコードだけを接続している状態です。

    SPflashを起動したら、おそらくDownloadタブで開いていると思うけど、違うならクリックしてDownloadタブを開く。

    Download-Agentのところのchooseで、「MTK_AllInOne_DA.bin」を選択。MTK_AllInOne_DA.binはSPflashのファイルの中にあります。

    Scatter-loading Fileのところで「MT6753_Android_scatter」を選択してクリック。MT6753_Android_scatterは解凍したROMの中に入っています。クリックしたら、写真のようにファイル名がダーッと出てきます。

    チェックを外すというところ、外して焼いてる動画と外していない動画とどっちもあって、私は外さないままflashして大丈夫でしたが、外さないで焼いておかしくなった人もいるので、外した方がいいのかも。ここは自己責任で判断してくださいw

    最後にDownloadをクリックしたら、画面の色が薄くなるので、その状態で一旦携帯に移ります。

  6. Ulefone ARMOR をPCに接続

    電源を切ったUlefone ARMOR の音量の「-」ボタンを押しながら、PCにUSB接続します。(念の為充電は70%以上にしておいてください)

    Ulefone ARMOR のROM焼き & mediatek機のunbrick方法

    そしたら、この黄色いステータスバーが真っ赤になり、紫になり、このような黄色になります。
    黄色になったら、音量の「-」ボタンから手を離してOK。そのまま見守ります。

  7. Ulefone ARMOR を起動

    Ulefone ARMOR のROM焼き & mediatek機のunbrick方法

    Flashが完了したら、この画面になるので、この画面が出たら、Ulefone ARMOR をPCから外してOK。
    Xiaomiは自動的に再起動するらしいけど、Ulefone ARMOR は自動で起き上がらないので、自分で電源ボタンをおして起動させます。結構すぐに起動してきました。これでROM焼きは完了です。

この方法でFlashすると、文鎮化したMT機を文鎮から復帰できるそうです。

Miflashで言うところの、EDLで強制フラッシュというところですね。特にUlefone ARMOR の方をディベロッパーモードに入れるとかいう操作をしなくて、電源オフから音量の「-」ボタンを押してPCに接続させるだけなので、かなりの文鎮でもすくわれそう。

クアルコムではxiaomi deep flash cableが必要だけど、MT機の方が文鎮になっても復活が楽勝になりますね。

Ulefone ARMOR 日本からの購入

Ulefone ARMORは現在GearBestでflashセール中で、既にお得な価格になってます!

Ulefone ARMOR CDMA2000対応deIP68 防水防塵でDSDSの4.7インチスマホがすごい!

GearBest:Ulefone ARMOR $159.99
EverBuying:Ulefone ARMOR $222.78
Banggood:Ulefone ARMOR $159.99
GeekBuying:Ulefone ARMOR $169.99
AliExpress:Ulefone ARMOR $159.99から

※Gearbest初回購入の方は、こちらからご登録頂くと⇒「GearBestの特別割引50pt」がもらえるようです。
もしメール登録の画面がポップアップで出てこない場合は、一度このページをシークレットウィンドウなどで開きなおして、リンクをクリックしてみてください

GearBestでの購入方法について

GearBest初心者の方は「GearBestの購入方法まとめ」をお読みください。
サイトの使い方、アカウントの作成方法、クーポンの探し方と使い方、配送注意点、輸入消費税について等、GearBestでの個人輸入に関する情報をまとめています。

GearBestで使えるクーポンはこちらの記事を
GearBestクーポン

GearBestのセール情報はこちらのカテゴリを
GearBestセール情報

その他の中華通販サイトのクーポンコードはこちらの記事で紹介しています。
Banggoodクーポン
Geekbuyingクーポン
TOMTOP クーポン
Cafago クーポン
EverBuyingクーポン

クリックでジャンプ⇒Ulefone ARMORの購入へ戻る

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. taraco18様こんにちは。
    楽しく拝見しています。2回目のコメです。
    私はRedmi Proで、このツールで二度ほど文鎮化させました。それはFormatを誤ってクリックした事です。これによってIMEIとMEIDが飛びました。このままROMを焼いても、セットアップが出来ませんでした。SPflashはV5.1620を使用しWIN10 32Bit版でflashしました。またチェックを全て入れて行うとエラー表示が出たり、custをglobalに置換したりと、flash出来るまでに結構な苦労をさせられました。またIMEIとMEIDはMAUIツールで書き直しました。あと文鎮化は放電させて0%にしたら復活出来ました。何かのご参考になればとコメ致します。

  2. 追伸、解凍ツールも重要ですね。
    私は、当初うまく解凍で出来ずにいたために、中々Scatterファイルが見つかりませんでした。解凍ツールを全て削除して、新たに7Zipという解凍ツールだけにしたら解凍する事が出来ました(私のやり方のミスかも?知れません)。

    • 鶴とこさん
      チェック外すところ、私もすごく悩んだんですよね。外している人と外していない人といて、どっちだろうって悩みながら、外さないでやってみて、IMEI飛んだので、外した方がいいのかもしれないですね。
      一応、記事の中を書き替えました。ARMORとXiaomiが同じかどうかも分からないし、ここはなんとも言えないけど、Xiaomi機の焼き方の方は外れてましたもんね。ARMORの他機種を焼いてる人はそのままやってたので、私はそのままやってみたんですけど、IMEI飛ばした原因がそこかもだし。
      ま、IMEIは普通にSIM入れただけで戻ってきたので、完全にとんだわけではないかもしれないけど・・
      SPflashって簡単!って思ったけど、結構ストレスたまりますねwww

  3. taraco18様
    早速の返信ありがとうございます!
    私自身の無知のため、Spflashツールを導入し、flash出来るまでは本当に苦労しました!!導入後はflashするのは簡単ですね(笑)。
    私は、このtaraco18様のブログと『メモ置場のブログ』scratchpad様のブログが大変参考になりました!!
    MTK社SocのデバイスのカスタムROM導入方法を詳しく書かれたものが少ない様に思いました(クァルコムは多い?)。
    これからも楽しみに拝見致します!!

    • 鶴とこさん
      私も無知な為、毎度毎度格闘してますよwこれも勉強だと思って楽しんでますけどね!w
      クアルコムは人気がある機種が多いので、情報がカナリ出回ってますよね!私が初めてROM焼きした時は、あまりなかった気がするけど、今はぐぐると沢山出てくるので、私が書くこともないのかなーとか思ったりww
      MT機はマイナーな機種とかも多いからか、あまり日本語で書かれた情報がないですね。そっちの方が書こう!って思えますw

コメントをする

*
*
* (公開されません)