Jumper EZbook 3SE の実機レビュー 外観参考画像

$169.99でコスパ良好の13.3インチノートパソコン「Jumper EZbook 3SE」の実機レビューです。今回もGeekBuying様から端末をお借りしました。いつもありがとうございます。

同じく13.3インチのシリーズのラップトップであるJumper EZbook 3 Pro(実機レビュー記事リンク)と比べると、少しコストを落とした構成となりますが、2万円以下という低価格販売はとても魅力的!

 スポンサードリンク

Jumper EZbook 3シリーズ他機種との比較

Jumper EZbook 3は、似た名前が沢山あって紛らわしいですので、ざっとその説明から。

Jumper EZbook 3 ・14インチ
・Intel Celeron N3350
・4GB/64GB eMMc
・WiFi:802.11a/b/g
・$199.99
Jumper EZbook 3S ・14インチ
・Intel Celeron N3450
・6GB/256GB eMMc
・WiFi:802.11b/n/g
・$319.99
Jumper EZbook 3 Plus ・14.1インチIPS
・Intel Core M3 7Y30
・4GB/128GB SSD
・WIFI: 802.11 a/b/g
・$429.99
Jumper EZbook 3 Pro ・13.3インチIPS
・Intel Apollo Lake N3450
・6GB/64GB eMMc
・WIFI: 802.11 a/b/g
・$249.99
Jumper EZbook 3SE ・13.3インチIPS
・Intel Celeron N3350
・3GB/64GB eMMc
・WiFi:802.11 b/g/n
・$199.99(今だけ$169.99)

※参考価格は記事執筆時点のものです。

同じ13.3インチの比較として、Jumper EZbook 3 Plusと比べると、Celeron N3450は4コアに対して、Jumper EZbook 3SEに搭載されているCeleron N3350は2コアとなり、更にメモリも半分の3GBになるのでCPU性能がその分劣ります。

ですが、ライト使用、つまりウェブブラウジングや動画の鑑賞ぐらいの使い方ならば、Jumper EZbook 3SEの構成でも十分使えるので、価格面と相談して自分の用途に合った方を選ぶのもいいかもしれない。

ちなみにCeleron N3350・Celeron N3450性能では、3Dゲームを楽しめる程の性能はないので、その辺を楽しみたい方はもうちょっと頑張って、Jumper EZbook 3 Plusあたりを購入するとゲームライフは充実しそうです。

Jumper EZbook 3SE レビュー

Jumper EZbook 3SE スペック詳細参考画像

Jumper EZbook 3SE スペック詳細
OS Windows 10
CPU Intel Apollo Lake N3350
GPU Intel HD Graphics 500
Cores Dual Core, 1.1GHz~2.4GHz
メモリ 3GB,DDR3L
ストレージ 64GB,eMMC
外部ストレージ MicroSD 最大128GB
ディスプレイ 13.3インチ IPS
解像度 1920 x 1080
wifi WiFi:802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth V4.0
カメラ フロント200万画素
インターフェース USB3.0×2、MicroSD、MiniHDMI、3.5mm Headset
microphone combo jack、DC jack
バッテリー 9600mAh
チャージ DC 12V 3A、 AC Adapter 100-240V
サイズ 31.5 x 20.8 x 1.5mm
重量 1282g

対応言語は、プリインストールが英語と中国語のみになりますが、windowsの設定から日本語を簡単にインストールすることができますので、普通に日本語化できます。

キーボードも外付けで日本語のものを付けた場合は、windows側で日本語キーボードの入力設定に簡単に変更することができるので、英語キーボードが嫌な場合、日本語キーボードを外付けするという対処法でキー配列問題はなんとかなります。そうなるとモバイルするには大変ですが・・

Jumper EZbook 3SE スペック詳細参考画像

公式では1.35kgとなっておりますが、我が家に来た実機の重量を計測したら1.282kgでした。1.5kg以内はモバイルに適しているので、持ち運びは苦にならないと思います。

Jumper EZbook 3SE レビュー 外観参考写真

背面からみたところですが、Jumperの刻印は黒一色で光ったりはしません。あっさりしていてかっこいいです。

Jumper EZbook 3SE 実機レビュー キーボードの質感などの説明

Jumper EZbook 3SEのキーボードの配列は一般的な英語キーボードですが、強めに打鍵するとほんの少しだけたわみます。初期のJumper EZbook 2の分かりやすいたわみに比べれば、かなり改良され、たわまないに等しいレベルだとは思います。

打鍵音はAppleのキーボードに慣れている私は特に煩く感じませんが、静穏をうたっているVAIOなどのキーボードと比べると少しカチャカチャ音がなると感じる人は居るかもしれません。

Jumper EZbook 3SE 実機レビュー

キーボードはアイソレーションタイプで、ノートPC標準的なキーストロークです。写真で見たら少しキートップが浮いて見えますが、入力中に爪がひっかかるような浮きではありません。明記はされていませんが、打鍵した感じではパンタグラフのような打鍵感でタイプしやすいです。

Jumper EZbook 3SE 実機レビュー ディスプレイの説明参考画像

Jumper EZbook 3SEは、フルHDのIPSスクリーンを搭載しており、視野角は178度で、どの角度から見ても美しいディスプレイです。グレア液晶で、反射の影響が少ないので、昼間でも夜でも光の位置をあまり気にせず使用することができます。

またスリムベゼル採用で、この価格帯ながらにボディーサイサイズが小さくなっているのが高級感あって格好いいです。

Jumper EZbook 3SE 実機レビュー ディスプレイの説明参考画像

かなりサイドに回り込んで見ても178度という広い視野角のお陰でしっかり画面を確認することができます。

左上に蛍光灯の反射があるのですが、光沢液晶のギラギラした反射と違い、見づらさはありませんので、顔の角度を変えたりして覗き込むストレスはありません。

美しい!!グレア液晶なので、光沢液晶と比べると少しもやっとした感じに見えるのですが、それでもこの美しさです。グレア液晶の見やすさは、文字入力を多くする人などはとくに利点が多いのではないでしょうか。

Jumper EZbook 3SE スペック詳細参考画像

インターフェースは多いです。Jumper EZbook シリーズはインターフェースが多いのも良いですね。

Jumper EZbook 3SE 実機レビュー インターフェースの説明参考画像

Jumper EZbook 3SE 実機レビュー インターフェースの説明参考画像

HDMIはMINI HDMIになりますが、公式発表通りのインターフェース。TYPE-Cポートがあれば言う事はなかったのですが、MINI HDMIポートも搭載し、使いやすいインターフェースだと思います。MicroSDも最大128GB迄入れることができるので、良いですね!

Jumper EZbook 3SE 実機レビュー ヒンジの傾斜角度の説明参考画像

Jumper EZbook 3SEの液晶は、この角度まで倒れます。タッチディスプレイでもなく、光沢液晶でもないので、この角度で私的には十分だと思います。使いやすいです。

Jumper EZbook 3SE 実機レビュー 背面の説明参考画像

Jumper EZbook 3SEは背面に左右にデュアルでステレオスピーカーがついています。テーブルの上に置いて音楽を再生すると、音の反響も手伝ってそこそこ広がりのある音に聞こえますが、普通にノートパソコンクオリティーの音質です。

背面にある小窓っぽいのは、中に何かを入れられそうなスロットとかではなく、なんの意味があるのかよくわかりませんでした。

Jumper EZbook 3SE 実機レビュー 付属の同梱商品の説明参考画像

Jumper EZbook 3SEの同梱商品は、アダプターと説明書というあっさりした構成。

外箱の写真での説明は省きますが、しっかり吸収材も入っており、安心して個人輸入できる梱包です。外箱もべこべこにはなっていないので、DHLでの配送もきっと丁寧。

Jumper EZbook 3SE 必要電力の説明参考画像

付属のACアダプターは日本に対応の形状ですので、そのまま利用できます。100Vから200Vまでとなっているので、コンセントの形状さえあえば、海外でそのままコンセントに挿して使用できるのも便利です。

Jumper EZbook 3SE 実機レビュー 正面から見たところの写真

Jumper EZbook 3SEを正面のやや下から見たところの写真ですが、真ん中に手をひっかける部分があります。片手で開けることができるかと言うと、軽量な本体故に下がついてきてしまうという事になり、両手で開ける必要がありますが、ひっかかりがあるので開閉はしやすいです。

Jumper EZbook 3SE レビュー フロントカメラの位置などの説明参考画像

Jumper EZbook 3SEに搭載のカメラは、内側上部のベゼル部分のド真ん中にあります。200万画素なので画質は期待できませんが、スカイプなどのビデオチャットを使用することができます。

Jumper EZbook 3SE レビュー

初期状態での空き容量は44.8GB/57.1GBとなっており、MicroSDとの併用も考えるとストレージ的には十分な容量があります。

Jumper EZbook 3SE レビュー

Jumper EZbook 3SEのメモリは3GBになります。

欲を言えば4GB欲しいところですが、2GBでは心もとないものも、3GBあればまあそこそこ使えます。

GoogleChromeでタブを沢山開きまくりたいって人には足りないかもしれないですが、普通に動画みたりメールしたり、SNSやブログの更新ぐらいだと、このレベルでも使えます。

Jumper EZbook 3SE レビュー ベンチマークのテストはいつものAntutuとGeekBench

ベンチマークのテストはいつものAntutuとGeekBenchで行いました。Antutuスコアテスト結果は、109569点でした。まずまずのスコアだと思います。
3D性能は7958で、これは決して低いとは思いませんが、重たいゲームなどをするには心もとないスコアになるようですね。重たいゲームってなに?な私なので、この辺の説明は省かせてもらいますが、解像度を下げたりするなどの対処法で、この性能でも少し快適にゲームを行う事もできるようです。

▼中華タブレットPC Antutuスコア参考表

デバイス スコア
Jumper EZbook 3SE / Intel Apollo Lake N3350 109569
CHUWI LapBook 14.1 / Intel Celeron Apollo Lake N3450 91594
GPD Pocket / Intel Atom x7-Z8750 101118
Jumper EZbook 3S / Intel Celeron Apollo Lake N3450 121684
T-Bao Tbook4 / Intel Celeron Apollo Lake N3450 121226
Jumper EZbook 3 Pro / Intel Celeron Apollo Lake N3450 119469
Cube Mix Plus / Core M3-7Y30 191962
Teclast TBook 12 Pro / Cherry Trail Z8300 71829
CUBE iWork 1X / Intel Atom X5-Z8350 77700
Cube i7 Book / Intel Core m3-6Y30 188751
Teclast Tbook 16 Power / Intel Atom x7-Z8750 102975
TECLAST X5 Pro / Intel Core m3-7Y30 209595
CUBE Thinker / Intel Core m3-7Y30 216746

※リンククリックで紹介記事へジャンプします

Jumper EZbook 3SE レビュー ベンチマークのテストはいつものAntutuとGeekBench

Jumper EZbook 3SE レビュー ベンチマークのテストはいつものAntutuとGeekBench

GeekBenchマークテスト結果の方は、OpenCL Score:7681、Single-Core Score:1507、Multi-Core Score:2601という結果でした。

▼中華タブレットPC Geekbenchスコア参考表

デバイス スコア
Jumper EZbook 3SE
Intel Apollo Lake N3350
OpenCL Score:7681
Single-Core Score:1507
Multi-Core Score:2601
GPD Pocket
Intel Atom x7-Z8750
OpenCL Score:7286
Single-Core Score:1167
Multi-Core Score:3322
CHUWI LapBook 14.1
Intel Celeron Apollo Lake N3450
OpenCL Score:5822
Single-Core Score:1123
Multi-Core Score:2797
Jumper EZbook 3S
Intel Celeron Apollo Lake N3450
OpenCL Score:8591
Single-Core Score:1423
Multi-Core Score:4266
T-Bao Tbook4
Intel Celeron Apollo Lake N3450
OpenCL Score:6063
Single-Core Score:1422
Multi-Core Score:4229
Jumper EZbook 3 Pro
Intel Celeron Apollo Lake N3450
OpenCL Score:8476
Single-Core Score:1425
Multi-Core Score:4273
TECLAST X5 Pro
Kaby Lake Intel Core m3-7Y30
OpenCL Score:16456
Single-Core Score:3117
Multi-Core Score:5946
CUBE Thinker
Kaby Lake Intel Core m3-7Y30
OpenCL Score:16279
Single-Core Score:3167
Multi-Core Score:6317
Xiaomi Mi Notebook Air 13
Skylake-U/Y Intel Core i5-6200U
OpenCL Score:27090
Single-Core Score:3411
Multi-Core Score:6416
Vaio S13
Skylake-U/Y Intel Core i5-6200U
OpenCL Score:15970
Single-Core Score:3303
Multi-Core Score:6545

※リンククリックで紹介記事へジャンプします

Jumper EZbook 3SEを触ってみて思ったのは、さすがセレロンという事ですね。メモリ3GBでもサクサクで、軽いSNSやウェブのチェック、動画の鑑賞などの用途の場合は、これで十分!

バッテリー性能も良好で、明るさ50%で動画を約2時間再生していて30%の消費率でしたので、6~7時間は余裕で使えると思います。英語キーボードが大丈夫な人には、コスパに優れたノートパソコンだと思います。

Jumper EZbook 3SE 日本からの購入最安値

Jumper EZbook 3SE 日本からの購入最安値

商品リンク 価格 最新クーポンリンク
GeekBuying:Jumper EZbook 3SE $169.99 GeekBuyingクーポン
GearBest:Jumper EZbook 3SE GearBestクーポン
Banggood:Jumper EZbook 3SE Banggoodクーポン
TOMTOP:Jumper EZbook 3SE TOMTOPクーポン

※価格は記事執筆時点の為、各自ご確認ください。