以前、記事でスペックの紹介だけしていたGPD Pocketですが、この度GeekBuying様からお借りすることができたので、写真や使用感などをレビューさせて頂こうと思います。

GPD Pocket 7インチ ミニPC実機レビュー

プリセールで出た時は、INDIEGOGOと一緒の$399だったのですが、すっかり価格が高騰してしまったので、出資した人やプレセールに乗った人勝ちになっていますね。今の最安価格は11.11のシングルデイセールクーポンを利用した$443になっています。クーポンは記事最後尾に記載しています。

私はGPD Winを所有していますが、親指タイプをしながら手に持って使うという点ではGPD Winの方が使いやすいですが、テーブルに置いて使用するならば途端に画面の大きさやタイプのしやすさでGPD Pocketが有利になります。

7インチにwindowsのすべての機能が詰まっていて、小型UMPC(Ultra-Mobile PC)としては、なんだかんだで今一番売れているのではないでしょうか。勝手な予想ですがw

 スポンサードリンク

GPD Pocket レビュー

GPD Pocket スペック詳細
OS Windows 10 Home
CPU Intel Atom x7-Z8750
GPU Intel HD Graphics
Cores 1.6GHz,Quad Core
メモリ 8GB LPDDR3-1600
ストレージ 128GB EMMC
外部ストレージ MicroSD
ディスプレイ 7インチ 16:10
解像度 1920 x 1080 (FHD) 323.45 PPI
言語 日本語パックダウンロードで対応可能
カメラ 無し
wifi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.0×1、 Micro HDMI×1、3.5mm Headphone Jack、Type-C
サイズ 18.20 x 10.90 x 1.99 cm
重量 503g
バッテリー 3.8V / 7000mAh
センサー Gravity Sensor,Hall sensor

当初公式発表があった重さ480gより若干重量が増えた503gになりましたが、全然片手でもてるサイズ感です。

GPD Pocket Mini Laptop UMPC 7インチのミニPC実機レビュー

私の手が大人にしては小さいので、gpd pocketが大きく見えてしまうかもしれませんが、7インチのミニサイズのPCです。このサイズ感でも両手持ちして親指タイプしていく人は居るかもしれませんが、ここまでのサイズ感になるとやはり両手タイプして使用していくことの方が現実的になると思います。

GPD Pocket 実機レビュー キーボードの打鍵感説明

この目線は需要薄そうだけど、もしネイルをやってる場合は、かなりショートネイルじゃないとキーボードが押しにくいです。GPD winに関しては、この長さのネイルになると全く押せないので、そういう意味ではGPD Pocketの方がましなんだけど、それでもタイプしにくいです。

GPD Pocket 実機レビュー 打鍵感の説明参考画像

ネイルが伸びかけなら指の腹でなんとか、伸びてしまってキーボードからはみ出ちゃう場合は上からつつけば、タイプできない事はありません。

キーボード自体はアイソレーションタイプなので、わざわざネイルを長くして生きづらい生活をしているとかいう場合を除いて、たいていの普通サイズ手の人は快適にタイプできると思います。手がすっごく大きい人でフルサイズのキーボードに慣れている場合は、もしかして少しキーボードが小さく感じるかもしれませんが。

GPD Pocket 実機レビュー ポインティングスティックについて

マウス替わりになるポインティングスティックがついています。この青い部分を押し込みながら上下左右に動かすと、ポインターが動く仕組みになっているのですが、快適に使えますとは言いづらいです。無いよりましかなという程度ですね。

GPD Pocket 実機レビュー

ひざの上に置いて使うには、こういうタイプのタッチペンを使った方が快適に使えます。

本体はしっかりした金属タイプなので、ひざの上において使用する際に、爪の先でつつくように強めにタイプしても打鍵感もしっかりしているし、ディスプレイの角度も安定しています。

GPD Pocket 実機レビュー キー配列について

キーボードの配列は少し独特ですね。個人的には、Fnボタンをよく利用するので、この小さなFnボタンを押しながらF10などを押さないといけないのが使いにくさを感じますが、PrtScnなどもしっかり配置してあるのはありがたい。

GPD Pocket 実機レビュー 技適について

GPD Pocketを背面から見たところです。
滑り止めになるゴム脚が四隅についていて、モノラルスピーカーがついています。音質は普通です。

GPD Pocket 実機レビュー 技適について

日本の技適がついているので、wifi接続して楽しむ事ができます。

GPD Pocketのインターフェースについて GPD WINとの比較

せっかくなので、GPD Winとの比較にしてみましたが、GPD Pocketのインターフェースは右側面についています。テーブルやひざの上に置いて使う事を前提とした配置に見えますね。GPD Pocketは、MicroSDが廃止になったのと、HDMIがMINIではなくMicroになりました。

GPD Pocketのインターフェースの構成

GPD Pocketのインターフェースの構成は、USB 3.0×1、 Micro HDMI×1、3.5mm Headphone Jack、Type-Cというインターフェースになっています。MicroSDなどはハブで対応できるので、ハブを持っていると良さそうです。

GPD Pocketのインターフェースの構成

ハブはピンキリですが、どうせ購入するならバスパワーのものではなく、充電しながら使えるセルフパワーの方が用途が広がります。私が利用しているのはTYPE-C対応のセルフパワーつきのハブですが、今回の実機レビューではこれをバスパワー利用でTYPE-Cポートから外部モニターに出力してみました。

バスパワーでも十分な電力があり出力可能でしたが、スピーカーとモニターに出力しながら動画を楽しんでいたら、充電が43分の間に66%も無くなってしまいましたので、MicroHDMI出力ではなく、TYPE-Cポートからの出力を考えている人はセルフパワーのものにするのがおすすめ。

画面出力などせず、通常使用では2時間で充電切れとはなりませんが、4~5時間でバッテリー切れしちゃう感じですので、1日中使えるという感じではありません。

GPD Pocket 外部モニター出力しているところの参考画像

GPD Pocketは、外部モニター出力しながら本気使いも余裕です。x7-Z8750の性能もAtomながらにトップクラスの性能になりますし、メモリ8GBの使用中にメモリの恩恵も受け、不足でダウンするようなことはありませんでした。

こちらは先ほどのハブでTYPE-Cポートから外部出力していますが、2画面を見比べても特に遅延などは感じません。ただ電力をものすごく食うので、MicroHDMIで出したほうがいいのかもしれません。うちにないので、MicroHDMIで出したら2時間でバッテリー切れにならないかは分からないのですが・・

GPD Pocket の解像度の説明

GPD Pocket の解像度は1920*1200のWUXGAですが、7インチで見るyoutubeなどの映像はとても美しいです。

GPD Pocket  同梱の商品の説明参考画像

同梱のものは、日本のコンセントに対応のUSBアダプター、TYPE-C to TYPE-Cコード、イヤホン、説明書、ガラスではないソフトなフィルムとなっています。GPD Pocket自体が、ゴリラガラス3を採用しているので、この付属のフィルムでも十分使えそうです。

GPD Pocket  同梱の商品の説明参考画像

アダプターは100V~240Vとなっているので、海外でコンセントの形状さえ合えばそのまま利用する事ができるのが便利ですね。
GPDPocketの充電は5V/2.5Aとなっているので、モバイルバッテリーからも充電できるので、バッテリー不足はモバイルバッテリーでも解消することができます。

GPD Pocket の外観や同梱の商品の説明

GPD Pocket を左横からみたところですが、ぴたっと蓋が閉じているところとか、かなり丁寧に作られてる感があります。

GPD Pocket の外観や同梱の商品の説明

後ろからみたところです。蓋にも余計な刻印などが一切ないシンプルなつくりが、高級感を際立たせます。

GPD Pocket の外観や同梱の商品の説明

前から見たところですが、蓋を開ける際に指をひっかけるところがついているので、開きやすいです。

GPD Pocket の外観や同梱の商品の説明

開閉角度はここまで開きますので、色々な使い方ができそうですね。

右側はインターフェースが集まっているだけでなく、排気口もあるので、ここをふさいでしまうような両手持ちで使うにはあまり向いていなさそうです。

ちなみにファンの音はそこそこうるさいです。通常使っている場合はそこまで音はしないのですが、立ち上がり時やCPUに高負荷を与えた場合は、結構な騒音がしますので、静かなところで使用しているときにアップデートとか落ちてきてしまった場合は少し周りに気を使いそう。

GPD WinとGPD Pocket の比較 外観参考写真

GPD Winはゲーム臭が強くて、高級感あふれる感じではありませんが、GPD Pocketはビジネスマンが使用していそうなUMPC感が強いですね。

GPD Pocket  ベンチマークの説明参考画像

antutuスコアテストをやってみましたところ、101118点という結果でした。

▼中華タブレットPC Antutuスコア参考表

デバイス スコア
Jumper EZbook 3SE / Intel Apollo Lake N3350 109569
CHUWI LapBook 14.1 / Intel Celeron Apollo Lake N3450 91594
GPD Pocket / Intel Atom x7-Z8750 101118
Jumper EZbook 3S / Intel Celeron Apollo Lake N3450 121684
T-Bao Tbook4 / Intel Celeron Apollo Lake N3450 121226
Jumper EZbook 3 Pro / Intel Celeron Apollo Lake N3450 119469
Cube Mix Plus / Core M3-7Y30 191962
Teclast TBook 12 Pro / Cherry Trail Z8300 71829
CUBE iWork 1X / Intel Atom X5-Z8350 77700
Cube i7 Book / Intel Core m3-6Y30 188751
Teclast Tbook 16 Power / Intel Atom x7-Z8750 102975
TECLAST X5 Pro / Intel Core m3-7Y30 209595
CUBE Thinker / Intel Core m3-7Y30 216746

※リンククリックで紹介記事へジャンプします

GPD Pocket のCPUであるx7-Z8750は、上記表を見て頂ければ分かると思いますが、Intel Celeron Apollo Lake N3450といい勝負の性能になります。Atomだからって侮れないですね。これでストレージがSSDだったら本当に神なのですけどね。

GPD Pocket  ベンチマークの説明参考画像GPD Pocket  ベンチマークの説明参考画像

Geekbenchの方のテストの結果は、OpenCL Score:7286、Single-Core Score:1167、Multi-Core Score:3322という結果でした。
やはりIntel Celeron Apollo Lake N3450といい勝負してますね。Atom最後の執念とも言える性能です。

▼中華タブレットPC Geekbenchスコア参考表

デバイス スコア
Jumper EZbook 3SE
Intel Apollo Lake N3350
OpenCL Score:7681
Single-Core Score:1507
Multi-Core Score:2601
GPD Pocket
Intel Atom x7-Z8750
OpenCL Score:7286
Single-Core Score:1167
Multi-Core Score:3322
CHUWI LapBook 14.1
Intel Celeron Apollo Lake N3450
OpenCL Score:5822
Single-Core Score:1123
Multi-Core Score:2797
Jumper EZbook 3S
Intel Celeron Apollo Lake N3450
OpenCL Score:8591
Single-Core Score:1423
Multi-Core Score:4266
T-Bao Tbook4
Intel Celeron Apollo Lake N3450
OpenCL Score:6063
Single-Core Score:1422
Multi-Core Score:4229
Jumper EZbook 3 Pro
Intel Celeron Apollo Lake N3450
OpenCL Score:8476
Single-Core Score:1425
Multi-Core Score:4273
TECLAST X5 Pro
Kaby Lake Intel Core m3-7Y30
OpenCL Score:16456
Single-Core Score:3117
Multi-Core Score:5946
CUBE Thinker
Kaby Lake Intel Core m3-7Y30
OpenCL Score:16279
Single-Core Score:3167
Multi-Core Score:6317
Xiaomi Mi Notebook Air 13
Skylake-U/Y Intel Core i5-6200U
OpenCL Score:27090
Single-Core Score:3411
Multi-Core Score:6416
Vaio S13
Skylake-U/Y Intel Core i5-6200U
OpenCL Score:15970
Single-Core Score:3303
Multi-Core Score:6545

※リンククリックで紹介記事へジャンプします


GPD Pocket 日本からの購入最安値

GPD Pocket 日本からの購入最安値

購入リンク
サイト別リンク 価格 最新クーポンリンク
GeekBuyingで購入する $443.11 GeekBuyingクーポン
クーポン:POPFKCVT 11/30迄
GearBestで購入する $443.11 GearBestクーポン
クーポン:GPDPocket 11/30迄
Banggoodで探す Banggoodクーポン
TOMTOPで探す TOMTOPクーポン

※価格・在庫状況は記事執筆時点の為、各自ご確認ください。